生活 芝生

念願のマイホームと芝生化計画スタート

念願のマイホームと芝生化計画スタート

昨年、中古ですが念願のマイホームを手に入れました。

住む場所を選ばなければ、多少不便でも新築という方法もあったと思いますが、やはり利便性!

人気の住宅地の売土地や中古住宅を探していたところ、ちょうどいいタイミングで、中古住宅の情報を得ることができ、購入に至りました。

建物自体は古かったのですが、内部外部ともリフォームなどメンテナンスされており、比較的綺麗な状態でしたし、土地も狭くもなく広くもないちょうどいい大きさでした。

マイホーム購入となれば、子ども達が庭で楽しく遊ぶ姿などを想像したいところですが、この物件を案内されたときから気になっていたことが、建物よりも庭でした。

案内された時期もあると思いますが、全体的にジメーっとして苔で覆われている感じ(苔好きには最高)で、子ども達が楽しく遊ぶ姿が想像できない!

ブログ用に写真を撮っていれば良かったのですが、残念!建物の写真しかありません。

写真があったら、現状と比較できて良かったんですけどね。

 

スポンサードリンク

 

とは言っても、庭(ガーデニング)についてなんの知識もない状態からのスタート。

ネットで調べ上げ、現在の環境と自分が可能なメンテナンス方法にマッチした、ティフトン419という品種の芝を植えることにしました。

以前の芝貼りのイメージは、シート上になっている芝を並べていく感じでしたが、最近流行?の「鳥取方式」を採用することにしました。

ティフトン419は、苗状になっている芝を50cmピッチで植えていくだけです。

「だけ」と言っちゃいましたが、植えるまでが大変でした。(詳細は別の記事で)

今回ティフトン419の購入等でお世話になった国分グリーンファームさん。

芝のメンテナンスについて、とても丁寧に対応していただきました。

ポット苗の芝ティフトン419

苗はこんな状態で届きました。

んで、こんな感じに植えました。

ポット苗の芝ティフトン419

田植えですな。

ただ、植える時期が予定していたよりだいぶ遅くなってしまったため、ちゃんと芝が張ってくれるのか心配でした。

芝ネタにかんしては、ちょくちょくアップしていきます!

 

日々芝生の庭造りに奔走するエンジニアの日記

スポンサードリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す