芝生 芝生日記

芝生日記#8|ティフトン芝の植栽から5週間目の目土(目砂)入れ

ポット苗の芝ティフトン419 初めての目土

2014年8月23日 ポット苗の芝ティフトン419を植えてから5週間目になりました。

なんとなんと、まだまだ

雨が降り続いています。

ほんと異常気象です。

10日くらい前から雨の止み間に芝刈り(カット)をしていますが、芝刈り後は芝にダメージがあるため、目土作業をしたり水やりをしたりするといいようです。

雨続きなので水やりはいいとして、目土(目砂)を入れようと思います。

 

スポンサードリンク

 

苗床づくりの時に、ある程度水平に整地していたつもりなのですが、良く歩く場所とそうでない場所で地面の不陸(でこぼこ)が出来ています。

このでこぼこを補修する目的と、芝刈り後の芝のケアの目的で、前々から準備していた山砂を利用します。

ホームセンターなどで、芝生の目土を購入する方法もありますが、初めての目土は砂にしました。

砂も大きく分けて、山砂、川砂、海砂があります。

この中で、芝生の目土として適していない物があります。

海砂です。これアカンやつです。

海砂もしっかり洗って塩分濃度(0.04%以下)を下げている商品があり、一見目土にも使えそうですが貝殻なども含まれています。

貝殻を含んでいるとアルカリ性に傾きますので、弱酸性を好む芝生には不向きです。

ということで、山砂または川砂を使うのですが、川砂って高いんです。

5kg入りのものが300円以上します。80㎡の庭に蒔こうと思ったら相当な金額ですね。

山砂は20kg入りの袋を200円くらいで購入できる時があったので、予め準備していました。

 

目土(目砂)入れの前に芝刈り(カット)をします。

芝刈り前

ポット苗の芝ティフトン419 芝刈り前

 

そして、芝刈りと目土作業後

ポット苗の芝ティフトン419 芝刈りと目土作業後

8月の後半でこの状態は少し淋しいですね。

やはり、植栽時期が遅れた事と8月の長雨のせいですね。

目土の効果で芝の根付きが良くなることと、そろそろ天気が良くなることを期待したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す