芝生

芝生を植える時期が遅くなった理由|ポット苗の芝生|ティフトン419

ポット苗の芝ティフトン419

芝を植える時期が遅くなってしまった理由です。

この前紹介した西洋芝のティフトン419ですが、本来5月~6月に植えた方がよかったようです。

ただ、芝を植えるにも準備が必要で、まず庭一面が苔と雑草で覆われていたため、75㎡の庭全てすき取りました。

これはこれで骨の折れる作業だったのですが、その後ですよ。

そのまま苗床作って芝を植えても良かったのですが、実は引っ越した直後に庭にあった木12本を切り倒していたのです。

切り倒した木は、造園業者の方に撤去して貰ったのですが、当然切り株が残っています。

庭一面の芝生→子ども達が楽しそうに走り回る→切り株でつまづく→最悪怪我(゜Д゜)

こりゃいかん!ということで、12本の切り株全てを掘り出すことを決意したのでした。

 

スポンサードリンク

 

でぇ

切り株の直径が10cm~15cmあるんです。

通常、人力で掘り出す物ではないようで、ある程度周りを掘った後、滑車やバックフォーを利用して取り出すようです。

ええ、そんなものございません。

掘りましたよぉ。

装備ですが、スコップ、鍬、のこぎり、この切り株を掘り出すための三種の神器のみで掘り出しました。

はぁ何日かかったっけ。おかげで、穴掘りが上手になりました。

写真残しておけば良かったなぁ。

そんな事があり、想定していた芝苗植えの時期を逃してしまったのでした。

 

日々芝生の庭造りに奔走するエンジニアの日記

スポンサードリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す