芝生 芝生日記

芝生日記#6|ティフトン芝の植栽から3週間目の施肥後の様子

ポット苗の芝ティフトン419 3週間目

2015年8月9日 ポット苗の芝ティフトン419を植えてから3週間目です。

2週間目に匍匐茎が伸びてきたので、根が活着したという判断をして初めての施肥を行いました。

それから1週間の状況ですが、化成肥料が効き始めたのでしょうか、8月に入ってからほぼ毎日のように降る雨のせいでしょうか。

 

今のティフトン芝の状態

ワサワサ~という表現がピッタリです。

横に伸びる勢いよりも、上に上に伸びていく勢いがより強い感じです、雨と風のせいで芝全体が少し倒れています。

雨が降ると言うことは、水やりの手間が省けて良いのですが、日照時間が減ることで芝の生長も悪くなります。

雨もほどほどにしてもらえるといいのですが、そういうわけにもいかずただ見守るのみです。

ポット苗のティフトン芝 風雨に晒されてます。

 

 

 

この状態ですが、日照時間が少ない場合のティフトン芝の特徴のようです。

知らない人がこの庭を見たら

均等に生い茂った雑草にしか見えない

でしょうね。

訪れる方みんなが「コレ何?」って聞いてくるので。(笑)

 

スポンサードリンク

 

だいたい1ヶ月くらいを目処に芝刈りをする予定だったのですが、このままではティフトン芝が全て倒れてしまいそうです。

ティフトン芝購入でお世話になった国分グリーンファームさんに状況を伝え、今後の対応について相談しました。

「今のままではティフトン芝にも良くないと思いますので、少しカットしてあげて下さい。」

とのこと。

注意点としては、あまり低刈りすると成長点ごと刈り取ってしまうので、最悪枯れてしまうそうです。

半分以上は残して、出来れば1/3程度カットするのがいいようです。

 

次の作業は、初めての芝刈り(芝カット)です。

芝カット専用のハサミを用意しなくては。

 

 

スポンサードリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す