芝生 芝生日記

芝生日記#16|ポット苗の芝ティフトン419|除草剤シバゲンDFの効果

芝生日記#16|ポット苗の芝ティフトン419|除草剤シバゲンDFの効果

 

5月25日に芝専用の除草剤シバゲンDFを散布してから6日が経過しました。

前回の記事:芝生日記#15|ポット苗の芝ティフトン419の復活|新芽が出ました。

除草剤を散布したからには結果が早く見たいところではありますが、効果が現れるまでは散布後2週間から1ヶ月ほどかかるとのこと。

ということで、なにも変わってないとは思いますが庭の雑草の様子を観察してみました。

 

スポンサードリンク

 

う~ん・・・

雑草元気です(笑)

分かっちゃいるんですけど、ほんとに枯れるのか?というくらい元気に育っています。

すぐ枯れないにしても「散布後すぐに成長が止まった!」という記事も見たことがあるので、そういう部分での期待もあったのですが、まあ元気に育ってます。

そんな雑草たちを観察していたところ、一部の雑草だけ少し変化がありました。

芝専用除草剤シバゲンDFの効果

わかりますか?

これ、中央部分が錆びたようになっていますが枯れ始めてますよね。

雑草の種類によっては効果が早く現れるのでしょうか、この雑草の名前もよく分かりませんが、6日目にして一部の雑草に少しだけ効果が出てきたようです。

 

前回中央部分から枯れ始めた雑草の写真です。

芝専用除草剤シバゲンDFの効果

腐ったバナナの皮のような状態になってます。

この日は雨が降ったので芝生が青々と写っていますが、除草剤の効果が更に出てきているようです。

その他の場所でも、別の種類の雑草が変色し始めました。

散布後9日目の写真です。

赤丸部分が変色し始めました。

芝専用除草剤シバゲンDFの効果

 

次の写真の雑草の名前がよく分かりませんが、庭の水場まわりにだけ繁殖している雑草で、抜くとなんともいえない臭い臭いがします。

芝専用除草剤シバゲンDFの効果

この臭いが好きなのか、なぜか蟻がよく好んでこの雑草の周りに巣を作っています。

地下茎が成長しているようで抜いても抜いてもどんどん生えてきます。

この雑草も同じく赤丸の部分が錆びたように変色し始めました。

このまま駆逐できると嬉しいのですが。

 

このころからだったと思いますが、新しい雑草も生えてこなくなり、既に生えていた雑草の生長も完全に止まっているようです。

ティフトン芝は青々として生長しているのですが、雑草だけは枯れてくるし新しい雑草も生えてこない!

スバラシイです!

今年は除草剤散布の踏ん切りがつかず、結局5月後半の散布となってしまいました。

来年は春の雑草が旺盛になる前に散布したいと思います。

 

今回使用した芝専用の除草剤「シバゲンDF」について少しおさらいです。

有効成分:フラザスルフロン
人畜毒性:普通物(毒劇物に該当しない)
有効年限:3年

特徴

イネ科、カヤツリグサ科、一年生から多年生までの広葉雑草に幅広い殺草スペクトラムを有します。
有効成分フラザスルフロンは茎葉及び根部から吸収され、植物特有の分岐アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)の生成を司るアセトラクテート合成酵素(ALS)を阻害する事によって殺草作用を発揮します。
一年生雑草から多年生雑草およびハマスゲ、ヒメクグ等の多年生カヤツリグサ科などに対して幅広いスペクトラムをもつ薬剤です。

引用元:石原バイオサイエンス株式会社(シバゲンDF)

幅広い処理適期を有します。
雑草の発生揃い期から生育初期で高い茎葉処理効果を示します。
また、処理後の雑草の発生を抑えることができます。
従って、雑草発生前~生育初期の幅広い時期に使用することができます。
土壌処理効果として、標準薬量0.02g/㎡で春夏期で40日程度、秋冬期では120日程度雑草の発生を抑制します。

引用元:石原バイオサイエンス株式会社(シバゲンDF)

効果・薬害等の注意事項

  • 1.茎葉処理の際は展着剤を加用し、加圧式散布機を用いて雑草の茎葉部に均一に付着するように散布してください。
  • 2.広葉雑草のうちイヌホオズキ、オオイヌノフグリ、セイヨウタンポポ、ツユクサには効果が劣るので、これら雑草が優占する場所では使用をさけてください。
  • 3.本剤は遅効性で、雑草が完全に枯れるまで春夏期で20~30日、秋冬期で30~40日程度かかるので、誤ってまき直しなどしないよう注意してください。
  • 4.散布6時間以内の降雨は効果が下がるので、天候を見極めてから散布してください。5.寒地型西洋芝では薬害を生じるので使用しないでください。
  • 6.芝の生育が劣っている場合や生育初期に使用する場合、葉に黄変を生じることがありますが、その後の生育に影響はありません。
  • 7.日本芝、バーミューダグラスにはターフを形成してから使用してください。
  • 8.センチピートグラスには以下に注意して使用してください。 播種後からほふく茎伸長始期までは強い薬害が生じるので使用しないでください。 萌芽期には、薬害を生じるおそれがあるので使用しないでください。 水田畦畔では使用しないでください。
  • 9.草花、樹木の新葉等には薬害を生じるおそれがあるので、それらにかからないように注意して散布してください。引用元:石原バイオサイエンス株式会社(シバゲンDF)

1の展着剤ですが、前回の記事でも紹介した「ダイン」などを使用することをオススメします。

展着剤ダイン

3の遅効性についてですが、やはり完全に枯れるまでは20日~30日となっています。すぐに効果が現れないからといって追加で散布しないようにしましょう。

4の6時間以内の降雨は効果が下がるとされていますが、私の場合は天気予報とにらめっこして散布後2~3日は雨が降らない日を選択しました。

5の寒地型西洋芝は薬害を生じるということですが、ティフトン芝も西洋芝ですが、数少ない暖地型の西洋芝なのでこれには該当しません。

78の部分をまとめると、未成熟な日本芝やセンチピーとグラスには薬害が生じるそうです。

ということで、芝専用の除草剤「シバゲンDF」とその効果について書きましたが、人畜毒性が普通物であっても農薬です。

使用上の注意事項を守って計画的にご使用下さい。

この後の除草剤の効果についても記事にアップしていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す